コロナの現状と似ていると話題の映画「コンテイジョン」を見た感想

ラジオでナイナイの岡村さんがコンテイジョンについて話をしてたっていうニュースを読みました。

ggるとネットやTwitterでも結構話題になっていたので興味湧いて視聴。

Amazon Primeだと有料なのですがレンタルで200円くらいだったので即レンタル。

コンテイジョンがどんな映画なのか、コロナとどう似ているのかなど。

スポンサーリンク

あらすじ

感染症の脅威とパニックを描いたスリラー映画。

香港での所用を済ませたベス・エムホフは元恋人と関係を持つためにシカゴに立ち寄る。2日後、ミネアポリス郊外の自宅でベスがけいれんを起こし意識を失う。ベスの夫ミッチ・エムホフは慌てて病院に運ぶが、ベスは死因不明で病死する。ミッチが自宅に戻ると継子のクラークがそっくりな症状で死んでいる。ミッチは隔離されるが、正体不明の病気に免疫があることが判明し、解放される。自宅では10代の娘ジョリーが待っている。

アトランタではDHS(国土安全保障省)の職員らがCDC(疾病予防管理センター)のエリス・チーヴァーに会い、この病気がサンクスギビングの休みを狙った生物兵器によるテロではないかとの懸念を伝える。チーヴァーはEIS(CDCの1部門)の’病気の探偵’であるエリン・ミアーズをミネアポリスに派遣し、調査に当たらせる。ミアーズは発生源をベスまでさかのぼって突き止める。ミアーズは地元の役人と交渉するが、感染拡大阻止に向けて協力を得ることができないまま、感染し死んでしまう。ウイルスが広がるにつれ、シカゴやミネアポリスは封鎖され、強奪などが発生する。

コンテイジョン – Wikipedia

2日目から物語が始まる

空港のラウンジでベスが咳をしながら電話で話すシーンから始まる。

自宅へ帰る途中でこの時既にベスは原因不明のウイルスに感染していた。

感染しているベスがカードをスタッフに渡し、そのスタッフがタッチパネルを操作するシーンから緊張感のある音楽が流れ物語が進んでいく。

ベス以外の感染したであろう人が手すりに触ったり、エレベーターで咳き込んだり、感染が広がっていく様子が映し出されます。

冒頭から思いっきりコロナの広がり方と似てる。

今の状況だからかも知れませんが、この始まり方は先が気になって仕方がない。

感染が広がり世界中でパニック

4日目にベス本人、ベスの息子までが死亡。

その後ベスに接触した人物が次々と死亡し、CDC(疾病予防管理センター)などが動き出すが、解決策は見つからず世界がパニック。

医療従事者が感染し死亡、陰謀論や政府批判・デマを拡散する奴が登場、食料品などの買い占め、都市封鎖、治安の悪化など。

まるで今のコロナの状況を語ってくれてるような映画。

人は気持ちを抑えられない

この映画を見て感じたのは人間は気持ちや欲を抑える事が出来ないという事。

世の不安を煽るブロガー「アラン・クラムウィディ」が登場。

レンギョウという植物がウイルスに効くという曖昧な情報を流し、人々はそれを信じてレンギョウを買うため長蛇の列を作ってしまう。

コロナでもトイレットペーパーや納豆がなくなる自体が発生していますが、それと似ている。

またベスの夫「ミッチ・エムホフ」にはジョリーという娘がおり、都市封鎖されているのにも関わらず恋人と接触しようとしてしまう。

ミッチに見つかり引き離されるが、世間がこれだけ騒いでいるのに欲を我慢出来ない描写がリアルだった。

若いとか年配とか年齢は関係ないですね。

全員がちゃんと意識しないとワクチンが出来るまでコロナの収束は不可能なんじゃないかと思ってしまった。

勉強になる

この映画を見て良いなと思ったのは感染してしまう恐れがあるもの、予防する為にどういう事をしたらいいか勉強も出来る事。

ウイルスの媒介物になるのは「ドアノブ、水飲み器、エレベーター、人の手」など。

人間が「1日に2000~3000回顔を触る」など中々意識しないと防げない事まで教えてくれる。

キャスト陣による新型コロナウイルス感染拡大防止メッセージがyoutubeでも公開されています。

誰でも出来る簡単な事ですが、映画やこういう映像を見ることで予防意識は高まると思う。

2日目から始まり1日目で終わる

コロナだからって理由で見た映画ですが、原因を最後に持ってくるっていう構成が面白かった。

原因が分かったからって防げたかどうかはわかりませんが、ウイルスの発生源が最後にわかるようになっているのでちゃんと経過も結末も楽しめる映画になっています。

コンテイジョンを無料で見る方法

私はアマゾン・プライムで見ましたが、

  • U-NEXT
  • Hulu

では無料トライアルで見る事が出来ます。

会員登録でカード情報まで入れれば特定の期間無料で見れるというもの。

月額料金(税込) コンテンツ数 無料トライアル期間
U-NEXT 2,189円 14万 31日
Hulu 1,026円 6万 2週間

上記サイト全て使用済みですが、無料トライアル終了前に解約すれば料金は掛かりません。

コンテイジョン見るだけならどちらでも良いと思います。

継続して利用するのであれば「見たい映画があるかどうか」で選ぶのが一番おすすめです。

見るものがないのに契約してもお金勿体ないですから。

私は価格の安さと動画配信以外のサービスが充実してるのでamazon primeを使用しています。

コンテイジョン:Amazon Prime

買い物よくしてたまに映画見る程度ならAmazon primeがおすすめ。

まとめ:自粛で暇なら見る価値あり

おそらくコロナがなかったら見てもいないだろうし、例え見ても「なんだこれ」程度に終わってたかも知れない作品です。

ただ今の状況だから色々考えさせられる映画でした。

どれだけ対策しても相手から来られたら意味ないし、それを注意して揉めても意味ないし。

簡単に解決出来ない難しい問題が山積みですけど、とりあえず出来ることやっていくしかないですからね。

2011年公開の映画ですが、コロナの影響で再評価されている映画です。

心に刺さる・刺さらないは別として、とりあえず感染症の恐怖・対策を知る目的で見ておく価値はある作品だと感じました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました