【エクセル】FOM出版「EXCEL2019 応用」をやってみた感想

前回の「初心者のためのEXCEL2019」に続き、「EXCEL2019 応用」をやってみました。

何が学べるか、やってみた感想など。

学べる項目一覧

  • 第1章→関数
  • 第2章→表作成
  • 第3章→グラフの活用
  • 第4章→グラフィックの利用
  • 第5章→データベースの活用
  • 第6章→ピボットテーブル・ピボットグラフの作成
  • 第7章→マクロの作成
  • 第8章→便利な機能
  • 総合問題
  • 付録(Excel2019の新機能)

出てくる関数はここらへん。

  • ROUND
  • RANK.EQ
  • IF
  • IFS
  • COUNTIF
  • TODAY
  • DATEDIF
  • VLOOKUP・HLOOKUP

EXCEL2019の新機能紹介ではMAXIFS、MINIFS、CONCAT、TEXTJOINが学べます。

2章~6章まではグラフワードアートSmartArtなどの使い方がメイン。

マクロの作成に関しては自分でVBAを書いたりするわけではなくて、操作を記録して実行までを覚える事が出来ます。

応用と書いてありますが、エクセルの機能を細かい所までゴリゴリに学べる本って感じでした。

使えそうな機能

関数全般

関数を覚えると大量のデータから特定の条件を指定してリストアップしたり、複数の条件から当てはまるセルのみを抽出したりなど、欲しいデータだけを取り出すみたいな事が簡単に出来るようになります。

逆にシフト表作ったり、他のデータを参照して表作成したりする場合にも関数を使うと作業効率がアップします。

この本では「この関数がどういう事に使えるか」をエクセルをいじりながら学べるのでとてもわかりやすい。

比較的使用頻度の多い関数の紹介をしてくれているので覚えておいて損はないと思います。

グラフ・アート機能

これはブログに使えそうだなと思いました。

色んなブログを見てるとわかりやすい図表を作ってる方がたくさんいます。

何か理由付けて説明する時などは視覚的にわかりやすいデータが合ったほうが見やすいですし、エクセルで作ったグラフやアートは簡単に画像化出来るので、ブログを見やすくする為に使えそうな気がしました。

もし使う機会があればこのブログでも挑戦してみようと思います。

プロパティ・シート保護機能など

プロパティはエクセルデータの情報を入力する事が出来る機能です。

作成日・会社・作成者・更新日時など様々な情報を保存する事が出来ます。

プロパティの情報でエクセルデータを管理・整理する事も出来ますし、プロパティがあればこのエクセルがどういうデータなのかすぐ読み取る事が出来るので、誰かとデータを共有する場合にも便利です。

ミスや不正防止にも繋がりますし、誰かとエクセルデータを共有する場合は覚えておいた方がいい機能だなと思いました。

シート保護は重要な項目などは編集出来ないようにして、特定のセルのみ編集可能にする事が出来る機能です。

これも誰かとデータを共有する時、大事なデータを消されたりしないように覚えておいた方が良いと思います。

初心者でもわかりやすい

実は応用編の前に基本編も出てるのですが、基本編飛ばして応用編をやってしまいました。

近くの本屋に売ってなかったので他を探すのもAmazonで頼むのも面倒くさかった。

でも実際やってみたら理解出来ない、難しくてわからないなどの理由で詰まる箇所はなく、最後の練習問題までちゃんと理解しながら進める事が出来ました。

前回の記事でも書きましたが、無駄な要素がほとんどなく、「何をどうしたらいいのか、これを使ったら何が出来るのか」を本当にわかりやすく書いてくれています。

HPに学ぶ為の教材データがあり、エクセルをいじりながら本を進めるので、ちょっとずつでしたが初心者でも楽しく勉強する事が出来ました。

まとめ

エクセルでどんな事が出来るのかわからないレベルだったのでこの本で色んな機能を知る事が出来ました。

まだ使いこなせるレベルにはなっていないので、毎日ちょっとずつ復習して覚えて行こうと思います。

あとやっぱり最終的にはVBAまで使えるようになりたいですね!

そもそもエクセルやりだしたのがプログラミングの入門としてVBAを覚えたいってのが理由だったので。

今までこういう本買って三日坊主でやめてた私でもFOM出版さんの本なら続けられてるし、ちょうどFOM出版さんから新しく発売するVBAの本があるので、次はそれ買ってやってみようと思います。

まあいつまで続くかわからないですけど、熱が冷めない内は頑張ってみようと思います。

以上「EXCEL2019 応用」をやってみた感想でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました