【Steam】P4GをDUALSHOCK 4・ボタン表示をPSにして遊ぶ方法

2020年6月14日にP4G(ペルソナ4ザ・ゴールデン)がSteamにて販売されました。

スポンサーリンク

ペルソナ4 ザ・ゴールデンについて

2011年4月11日。両親の海外出張で日本に残された主人公は、1年間だけ母方の叔父の家に居候することになった。

彼が転入した高校では、「雨の夜の午前0時に点いていないテレビで自分の顔を見つめると、別の人間が映る」という「マヨナカテレビ」の噂が流れていた。

この噂は実際に起こりつつあった怪異の一端であり、マヨナカテレビの噂を確かめようとした主人公、陽介、千枝はテレビの中の異世界の存在を知ることになる。

同時期に町で発生していた連続殺人事件とマヨナカテレビには関連があると睨んだ主人公たちは、異空間を探る中で「シャドウ」と呼ばれる化け物に襲われ、日常の裏にある世界の闇を垣間見ることになる。怪異に触れることで、自らの抑圧された感情の化身を具現化して使役する「ペルソナ能力」を発現させた彼らは、警察に話しても信じてもらえないという考えから、秘密を共有する仲間と共に、事件や異世界に隠された真実を追うべく、自称「特別捜査隊」を結成することになる。

主人公は表向きはごく普通の高校生として、学業や部活やアルバイトに励み、多くの人々と交流を築く一方で、放課後には仲間と共にシャドウが徘徊する異空間で戦い、事件に巻き込まれた人々を助け、事件の解決のために奔走する。

ペルソナ4 – Wikipedia

通常版とデジタルデラックス版の違い

まずVitaとSteam通常版の違い。

  • フルHD
  • Steamアチーブメントトレーディングカード獲得可能
  • 日本語、英語ボイス収録

デジタルデラックス版は以下の追加要素あり。

  • デジタルアートブック
  • デジタルサウンドトラック(9曲)

コントローラーの設定方法

表示を○✕□△にする方法

デフォルトだとボタン表示がXbox用のABXYになっています。

何故かSteamのゲームはコントローラーのPSサポート設定がオンだとXbox表記になってしまう。

P4Gはゲーム側でボタン配置を変えられるのでまずPSサポート設定をオフにして表示を○✕□△にします。

Steamのライブラリから対象のゲームを右クリックしてプロパティ→「Steam 入力をゲーム毎の設定にする」の項目を強制オフ

もしくはBig Pictureの設定画面からコントローラー設定→PS設定サポートのチェックを外す

これでP4Gを起動して○✕□△表示になっていればOK。

ボタン配置の変更

後はP4Gのconfig→Gamepadのボタン配置を変更するだけ。

  • 決定アクション→○
  • キャンセル→✕

これでPS2やVitaと同じようにプレイする事が出来ます。

何故Steamのボタン表示設定はこんなに面倒くさいのか

Xbox基準になっているのはわかるのですが、フルコントローラーサポートのゲームでPS設定サポートをオンにしているのにも関わらず、Xboxの表示になるのは意味がわからない。

PS設定サポートをオフにするとPS4の表示になるけど、ゲーム側でボタン配置をいじれない場合がある。

Tales of Vesperia Definitive Editionとかがそうです。

ボタン表示と決定・キャンセルが上手く設定出来ず、買ったまま放置してます。

MOD入れればPS4表示に出来たりするゲームもあるみたいなので、Steamゲーのボタン表示はもう少し簡単に設定出来るようになって欲しい。

少しでもペルソナに興味ある人にはおすすめ

steamだと通常版1,980円、デジタルデラックス版2,480円と激安。

通常のP4と違い、P4Gは新規イベント、アニメーション、ペルソナ、キャラクター、スキル、コミュ、新たなプレイ期間などが追加されています。

ただP4Gは今までvitaでしか発売されておらず、P4Gだけの為にVita買うのは勿体ないなと思い諦めていました。

そんなP4GがSteamで発売とかもう感動ですね!

プレイした記憶ほとんど失くしてるので思い出しながら楽しみたいと思います。

古いゲームですがペルソナシリーズはどのナンバリングからやっても楽しめる内容になっているので、初めて触る人でも安心。

興味ある方は是非この機会にP4Gプレイしてみて下さい。

Persona 4 Golden on Steam
A coming of age story that sets the protagonist and his friends on a journey kickstarted by a chain of serial murders.

コメント

タイトルとURLをコピーしました