【Amazon】店頭受取のやり方とメリット・デメリット

ヘビーユーザーとまで行きませんがAmazonをよく利用します。

今までは何も考えず自宅受取にしてたのですが、ちょっと嫌なドライバーさんがいまして。

その人に配達して貰うのが嫌でこの前初めて店頭受取を試してみました。

自分で取りに行くのが面倒くさい!って人もいると思いますが、仕事帰りに受け取れる店舗などがある場合はそんなに苦じゃないと思います。

私は店頭受取の方がメリット多いかなと感じており、今後は店頭受取にしようと思っています。

環境や人によって違うと思うので、店頭受取のやり方とメリット・デメリットについて。

店頭受取とは?

自宅ではなく指定した店舗で荷物を受取る事が出来るサービスです。

指定出来る店舗

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ヤマト運輸営業所

商品によっては店頭受取対象外の物があるので注意。

店頭受取対象外の注文

  • Amazonマーケットプレイス出品者が発送する商品のご注文
  • Amazon定期おトク便のご注文
  • お届け日時指定便で配送されるご注文
  • 30万円以上の商品のご注文
  • 3辺合計が80cmを超える商品、または重量が10kgを超える商品のご注文
  • 危険物(火気厳禁)のご注文
  • 商品詳細ページに、「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」と表示されている商品
  • Amazonパントリーのご注文
  • プライム・ワードローブのご注文

Amazon.co.jp ヘルプ: 店頭受取について

マーケットプレイスの商品について

マーケットプレイスはAmazonが提供してる第三者が出品・発送出来るサービスです。

Amazon以外が出品してる商品がマーケットプレイスの商品という事になります。

マーケットプレイスの商品は店頭受取対象外との事ですが、FBAで商品の管理・発送などをAmazonに委託している物に関しては店頭受取可能となっています。

例えば下の画像は「ドラゴンクエストビルダーズ2」のマーケットプレイス商品ですが、一つ「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます」という物があります。

この商品は店頭受取可能です。

マーケットプレイス商品でも店頭受取可能な場合があるので、マーケットプレイス商品を店頭受取したい場合は探してみてください。

店頭受取を利用するには?

レジに進んで「注文内容を確認・変更する」の画面でお届け先を変更する事が出来ます。

位置情報がオンだったり自宅の住所登録してると画像のような表示があり、店頭受取する場所を選択する事が出来ます。

自分で住所・郵便番号・地図で指定する事も可能。

こちらの画像は例をそのまま使い「東京都渋谷区道玄坂」で検索したものです。

あとは店頭受取したい場所を指定して注文確定するだけです。

もし店頭受取出来ない商品がカゴに入ってるとそもそも店舗を指定出来ず、住所変更してもエラーが出ます。

マケプレ品や大きさ・重量などで店頭受取弾かれる場合もあるのでよく確認しましょう。

荷物受け取り方法

注文確定後は指定したお店に商品が届くのを待つだけです。

お店に商品が届くとメールで連絡が入るので自分のタイミングで取りに行く事が出来ます。

ヤマト運輸営業所での受取方法

ヤマト運輸営業所の場合は「お問い合わせ番号」「身分証明証」の2つが必要になります。

お問い合わせ番号は12桁の数字で、商品発送時と店頭に商品が到着した時にお知らせメールが来ます。

本人確認書類として使えるのは以下の9点。

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. パスポート
  4. 住民票
  5. 社員証
  6. 学生証
  7. 年金手帳
  8. クレジットカード
  9. キャッシュカード

ただ私が受取に行った時はお問い合わせ番号は聞かれず、名前と本人確認書類だけで済みました。

あとサインして終わりです。

もしかしたら営業所によって違うのかも知れません。

コンビニでの受取方法

コンビニの場合は「お問い合わせ番号」「認証番号」が必要になります。

こちらも商品が店頭に到着した時点で「お問い合わせ番号」「認証番号」が記載されたメールが送られてきます。

後は指定したコンビニへ行きそれぞれの端末で「お問い合わせ番号」と「認証番号」入力。

そうすると専用のバーコードが発券出来るのでそれをレジに持っていけば荷物を受取る事が出来ます。

端末操作に関してはAmazonに画像付きのヘルプがあるのでそちらを参考にして下さい。

Amazon.co.jp ヘルプ: コンビニ端末の操作方法

受取期間はどれくらい?

ヘルプページ見るとコンビニは10日間、ヤマト運輸営業所は6日間のようです。

  • コンビニ:商品到着のEメールを受信した日を含む10日間
  • ヤマト運輸営業所:商品到着のEメールを受信した日を含む6日間

受取期間が過ぎると返品され、支払い済みの場合は全額返金になります。

Amazon.co.jp ヘルプ: 店頭で商品を受け取る

店頭受取のメリット・デメリット

店頭受取のメリット

  • 自分のタイミングで受け取れる
  • 再配達などの心配がない
  • 住所がバレない
  • 気を使わない

など。

急用で家にいなかったり、風呂入ってて気づかなかったりなどした場合、荷物が受け取れません。

再配達して貰うのもドライバーさんにちょっと悪い気がしてしまいます。

店頭受取なら自分のタイミングで行けるので確実に荷物を受け取れますし、コンビニなら24時間やっているので夜型の人でも受取可能です。

あと指定した店舗の住所に配達されるので自分の住所はバレません。

確認の為名前は必要ですが、自分の住所を誰かに知られたくない人は店頭受取の方が安心出来るかと思います。

店頭受取のデメリット

  • 取りに行くのがダルい
  • 荷物によっては徒歩・自転車だとキツイ
  • 遠いとキツイ

など。

自分のタイミングで行けるのは便利ですが、自宅で受け取れるなら自宅の方が断然楽です。

荷物受け取る為だけに出掛けるの面倒くさいって人もいるだろうし。

あと徒歩・自転車だと荷物の大きさ・重さによっては持ち帰るのが大変かも知れません。

地域によっては近くに店頭受取出来る場所がないって事もあると思うので、住んでる場所・環境によっては配達して貰った方が楽だと思います。

まとめ

店頭受取にするようになった経緯ですが、この前指定した時間外に荷物持って来て不在票入れてったドライバーさんがいたんです。

再配達時に腹立って「指定した時間にお願いします」って言ったら謝りながらもすごい嫌な顔されたので、今後は店頭受取にしようと思った次第です。

タバコくせーし。

ドライバーさんが大変っていう話は聞くのでこっちが気使うのも嫌ですし、嫌々配達されるくらいなら自分で取りに行ったほうがいいなと思ったので今後は店頭受取使う事にしました。

実際に試したら仕事帰りに受け取れるし、自宅で受取逃す事もないのでかなり便利かと思います。

ゲームとかやってたら中断したくないしね!

自分で取りに行く手間は掛かりますが、生活環境によっては店頭受取の方が便利かも知れません。

以上「店頭受取のやり方とメリット・デメリット」でした。

コメント

  1. 店頭で商品を受け取る
    コンビニ店舗で商品を受け取る際には、商品の到着をお知らせするEメールに記載されている認証キー(お問い合わせ番号と認証番号)、またはバーコード(ローソンおよびファミリーマートで受け取る場合)が必要です。ヤマト運輸の営業所で商品を受け取る場合は、発送確認メールや注文履歴に記載されているお問い合わせ伝票番号、および本人確認書類が必要です。

    重要:
    商品は受取期間内にお受け取りください。受取期間は以下の通りです。

    コンビニ: 商品到着のEメールを受信した日を含む7日間
    ヤマト運輸営業所: 商品到着のEメールを受信した日を含む6日間

タイトルとURLをコピーしました