親知らずの抜歯前・抜歯後の症状について

生活

初めに私は歯科医でもなんでも無いのでこれはただの体験談です。

先日人生で2本目の親知らずを抜いてきました。

ネットでggると抜歯後の痛みなど気になる人が多いようで、親知らずを放置してしまう方がいらっしゃるようです。

確かに抜歯後は若干痛みがありますが、個人的には抜いたほうがメリットは大きいように感じました。

というか親知らずってデメリットしかないのでは?と感じたのでそこらへんについて色々書いてみようと思います。

スポンサーリンク

そもそも親知らずとは?

奥歯の一番後ろの歯です。

基本15歳ぐらいで全て永久歯になるそうですが、親知らずは10代後半~20代前半に生えてくるとの事。

名前の由来は親に知られず生えてくるからだそうです。

親知らず – Wikipedia

親知らずはデメリットしかない

あくまで個人的にですが親知らずが生えて良かったと思える事は一切ありませんでした。

生え方によって口内が傷つく

親知らずは歯茎を突き破って真横や斜めに生えてくる場合があり、上手く噛み合わない為、頬の内側を挟んでしまう事があります。

その為口内を傷つけてしまい、親知らずを抜くまで口内炎みたいな痛みがずっと口の中にありました。

食事も楽しめないし、気になるし、普通にしてても痛いし、ストレスしか溜まりません。

歯磨きがしづらい

一本目が生えた時平気やろ!って思って結構長めに放置していました。

一応歯磨きはしていましたが、親知らずのせいで上手く歯磨きが出来ていなかったらしく、いつの間にか虫歯になっており虫歯+親知らずというダブルコンボを喰らいました。

その時先生に言われたのが親知らずが生えると歯磨きがしづらくなる為、虫歯や歯周病になってしまう人が多いとの事。

親知らずが邪魔でちゃんと歯のケアが出来ないんですね。

生え方によっては平気な場合もあるし、大掛かりな手術になる可能性もあるので一概にどっちがいいとは言えませんが、特殊なケース以外で邪魔に感じる場合は抜歯しちゃった方が良いそうです。

金と時間が掛かる

そんなに高いわけではありませんが治療するのでお金を取られます。

実際に私が先日行った歯医者では、

  • 歯石取りで約5000円
  • 親知らずの抜歯で約3000円
  • 抜歯後の消毒で約300円

抜歯の方が安い事に驚きました。

もしかしたら私の歯が異常に汚かったのかも知れません。

それぞれの項目は日を分けてやったので計3回歯医者に通いました。

これに虫歯や歯周病などの治療が入るともっと時間も掛かるし金も取られます。

抜歯後も穴が塞がるまで2週間くらい掛かりました。

抜歯後のストレス

よく抜歯・抜歯後の痛みを不安に感じてる方がいますが、痛みはそこまでありませんでした。

麻酔が切れた後は多少痛みますが、痛み止めの薬も貰えますし、日常生活にそこまで影響はなかったです。

それより違和感の方がすごくてそっちのほうがストレスでした。

抜いたから当たり前なんですけど、今まで歯があった場所に歯がないんです。

だからなんか舌で奥歯を探しちゃうんですよね。

気になって気になって仕事中も家帰ってからもずっと舌で奥歯を探してました。

時間が経てば慣れるし、違和感も消えていくのですが、これが結構長かったように感じます。

抜いた所に食べカスが埋まるのも結構イライラします。

抜歯までの流れ

そんなこんなで親知らずを抜くと多少痛みや違和感はあるものの、上に書いたデメリットが全部なくなるので、圧倒的にメリットの方が多いと感じました。

抜歯がどんな風に行われるか不安な方もいると思うので、簡単に抜歯までどんな感じの流れで進むのか紹介しようと思います。

病院によって違うと思うので参考程度に見て下さい。

一日目:歯のチェック・歯石取り・レントゲン

一本目、二本目抜いた時もまずは歯の掃除からでした。

親知らずがどこに生えてるか、虫歯や歯周病などのチェックを歯科助手さんがしてくれます。

歯の掃除が終わった後、別室でレントゲンを撮りました。

なんか専用の服?みたいなの着せられて、立ったまま噛む所があるのでそこ噛んで、機械がぐるっと周りを回って終わり。

数分で済み、元の座席に戻ったらモニターでレントゲン写真を見せられました。

親知らずがどこに生えてるか確認して先生と相談。

この時に抜いちゃったほうがいいと言われたので「じゃあ抜いて下さい」とお願いし、抜歯は次回やる事に。

二日目:麻酔・抜歯

抜歯前に麻酔するんですけど、注射じゃなくてなんか貼る?塗る?タイプの麻酔でした。

ggっても出てこなかったので詳細はわかりませんが、口の中に麻酔効果のある何かを入れられて、それを抑えて15分くらい待ってて下さいと言われました。

時間が経ったら先生が来て、「抜きますねー」と。

ペンチみたいな道具でグイグイいじられるんですが、びっくりした事に一切痛くない。

抜けた事すらわからないレベルで抜歯自体は数分で終わりました。

あとは会計の時に薬の説明してくれるのでそれ聞いて会計して終わり。

三日目:消毒

抜歯してそのまま終わりかと思ったら翌日消毒しにもう一回来て下さいとの事。

これはほんとに消毒だけで10分掛からず終わりました。

まとめ

友人が二度と行きたくないと言ってた歯医者だったけど、何の事故もなくスムーズに抜歯する事が出来ました。

痛みを我慢出来る度合いも感じ方も人それぞれなので、実際行ってみないとわからないですね。

行くだけ行って抜かなくてもいいし、放置で大丈夫かどうかの判断も自分じゃ出来ないと思うのでとりあえず診てもらう事をおすすめします。

気持ち的には安心出来るはず。

親知らずが生えてて抜こうか迷ってる方の参考になれば幸いです。

以上親知らずを抜いてきた話でした。

スポンサーリンク
生活
インドア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました