【Cubase】アルペジエーター(Arpache 5)の使い方

音楽

アルペジオは和音の構成音を1音ずつ鳴らす事を言います。

アルペジエーターは和音を自動的にアルペジオにしてくれるDAW上の機能・エフェクトの事です。

Cubaseの事色々ggってたらMIDI Insertに「Arpache 5」というものがあり、誰でも簡単にアルペジオを作れる機能がありました。

試してみたらかなり便利そうだったので使い方を紹介。

スポンサーリンク

まずは和音を入力

何でも良いのでソフトウェアシンセなどのトラックを追加し、和音を打ち込みます。

今回はHALionのToo Much Heatという音を使用。

Arpache 5なしだとこんな感じ。

MIDI InsertからArpache 5を追加

HALionを追加したトラックを選択した状態で、左のInspectorからMIDI Insert→Arpache 5を選択。

Arpache 5を追加するとこんなWindowが表示されます。

追加した時点でArpache 5のエフェクトが掛かっているので、鳴らすとこんな感じになります。

Arpache 5の設定

Arpache 5で設定出来る項目は以下の通り。

  • Play Order
  • Step Size
  • Length
  • Key Range
  • MIDI Thru

Play Order

これは和音の構成音をどういう順番で鳴らすか決める事が出来ます。

選べる項目は、

  • Normal – 上昇下降
  • Invert – 下降上昇
  • Up Only – 上昇のみ
  • Down Only – 下降のみ
  • Rabdom – ランダム
  • User – 自分で設定

・Normal

・Invert

・Up Only

・Down Only

・Rabdom

Userに関しては鳴らす順番を自分で設定する事が出来ます。

Userを選択したら下のグラフのような所で鳴らす順番を設定。

三和音の場合は「3」が1番高い音、「2」が真ん中、1が1番低い音となります。

Key Rangeが12だと1オクターブ内の音を使う設定になっているので、ルート音の1オクターブ上が鳴ってしまいます。

わかりにくいので11にして1323の順番で鳴らしてみました。

・User

Step Size

何分音符で音を鳴らすか設定出来ます。

8分音符、16分音符、32分音符など。

付点が付いてるのは元の音符の半分の長さが追加されたもので付点8分音符なら8分音符+16音符。

Tが付いてるのはTripleという意味で三連符になります。

1.32分音符・Normal

2.付点8分音符・Normal

3.8分音符3連・Normal

Length

音の長さを決める事が出来ます。

ステップサイズより大きい値にするとスタッカートで鳴らしたり、ステップサイズより小さい値だと音を繋げて鳴らすことが出来ます。

1.ステップサイズ8・レングス16

2.ステップサイズ8・レングス4

Key Range

Key Rangeは音の範囲を決める事が出来ます。

12が1オクターブになっており、これは黒鍵盤含めたド~シまでの鍵盤の数が12個だからだそうです。

なので値を1上げると使える音の範囲が半音ずつ上がって行きます。

1.Key Range24(2オクターブ)

2.Key Range36(3オクターブ)

MIDI Thru

MIDI Thruにチェックを入れるとArpache 5で作られたアルペジオと元の和音を同時に鳴らすことが出来ます。

まとめ

Arpache 5で簡単にアルペジオが作れるので色んな曲制作に役立ちそうです。

Cubase ArtistとProだともう少し細かく設定出来るArpache SXというものがあるので、もう少し自由にいじれるようになったらそっちも使ってみようと思います。

まだどういうジャンルの音楽にどうやって入れたらいいかなどわかりませんが、1つ機能覚えられただけ楽しい。

ずっと欲しかったAmplitube MAXもセール中に買えたので今後もちょっとずつ色々勉強して行けたらと思います。

以上Arpache 5の使い方でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました