【Fire HD 10】自動で電源オフに出来るアプリ「Sleep Timer」が便利

先日最小音量より小さく出来るアプリ「Extra Volume Config」を紹介しました。

寝る時にタブレットの最小音量でもうるさく感じる事があり、こちらはそれより音を小さく出来るアプリになります。

【Fire HD 10】通常の音量調整より細かく音量を調節出来るアプリ「Extra Volume Config」
Fire HDで寝る時に音楽やラジオを流しながら寝る事があります。 ただデフォルトの音量調節だと一番小さい...

ただ寝る時丁度いい音量にしてもずっと鳴りっぱなしだとそれはそれでうるさい

気分よく眠りに入れても音がずっと鳴ってるとそれでたまに起きてしまう事がある。

そんな時に便利なのが「Sleep Timer」。

「Extra Volume Config」と併用したらFire HD 10が睡眠時に便利な音楽プレイヤーになりました。

スポンサーリンク

アプリのダウンロード

こちらはAmazonからダウンロード可能。

ホーム画面からスライドして「ゲームとアプリ」のページから「sleep timer」と入力すれば出てきます。

使い方

タイマーの設定

新規作成は「+」アイコンをタップ、既存のタイマーを編集する場合は時間の部分をタップします。

まずHour・Minuteを設定を設定します。

これは「何時何分に電源を落とす」というものではなく「何時間何分後に電源を落とす」というものになります。

なのでHourを23、Minuteを10と設定したら23時間10分後に電源が落ちる。

5 Minutesの部分はタイマーの名称です。自由に名前を付ける事が出来ます。

「Sheke to Extend」はシェイク機能オン・オフの設定。

端末をシェイクする、もしくは端末が動きを感知するとタイマーを延長してくれる機能です。

設定が決まったら一番下のSAVEをタップでタイマー作成完了。

タイマーの起動

使い方は簡単で再生ボタンをタップするだけ。

これでタイマーが起動し、時間が経つと自動的に電源が落ちる。

隣のアイコンはシェイク機能のオン・オフです。

シェイク機能の延長時間・感度の設定

シェイクされた時に延長する時間の設定

右上の歯車アイコン→「Shake to Extend duration」の順にタップし、シェイクされた時に何分延長するかを入力します。

単位がMinutesなので1時間延長したい場合は60と入れます。

シェイクの感度を設定

右上の歯車アイコン→「Shake Sensitivity」をタップすると、

  • Low
  • Medium
  • High

から感度を設定する事が出来ます。

寝ながら音楽や動画を楽しみたい人には便利

このアプリは設定から操作まで最高にシンプルなのが良いです。

延長したい時もシェイク機能をオンにして端末をちょっと揺らすだけ。

わざわざ時間を設定し直す必要がないので非常に使いやすい。

1つデメリットを言うなら「Sleep Timer」も「Extra Volume Config」も画面が縦に固定され、横に回転しない事。

設定さえしてしまえば後はタップするだけなので問題ないのですが、設定する時に関しては縦にしないと操作しづらい為、そこだけちょっと使いにくいと感じました。

寝る時に動画や音楽を垂れ流しにしたい人は是非使ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました