【Steam】英雄伝説 閃の軌跡Ⅰをプレイしてみた感想

Steamのサマーセールで閃の軌跡を買いました。

メインストーリーのみでサブクエストなどはほぼやっていませんが、とりあえずクリア出来たのでやってみた感想。

閃の軌跡とは?


「英雄伝説シリーズ」第8作、同シリーズ第3期「軌跡シリーズ」第3作となる作品で、ファルコム初のマルチプラットフォーム(PS3・PSVita)での発売タイトル。

シリーズ初のコンシューマ機向けの作品となっている。

IIIとIVはPlayStation 4用として開発され、IとIIもPS4に移植される。

「軌跡シリーズ」としては、『閃の軌跡』が第7作目、『閃の軌跡II』が8作目の作品となる(それぞれのシリーズ詳細については、英雄伝説シリーズ#シリーズの分類や軌跡シリーズ#シリーズ構成を参照)。

今作は、シリーズにおいて長らく敵国側として描写されることの多かった「エレボニア帝国」を舞台としており、時系列としては、前作『英雄伝説VII』(零の軌跡・碧の軌跡)とほぼ同時期の時代を扱った作品である。

英雄伝説 閃の軌跡 – Wikipedia

PC版とコンシューマの違い

大きく違うのは以下二点だと思います。

  • 4K&60fps対応
  • 高速スキップモード

あとsteamだとセーブ出来る場所限定ですがオートセーブ機能があり、セーブする間隔も自分で設定出来ます。

スペックにもよると思いますがプレイ中にフリーズしたりカクつく事はありませんでした。

セーブし忘れとかモチベ落ちる最大の原因だと思うのでオートセーブはオンにしておいた方がいいと思います。

今回初めてsteamで国産ゲームを買ったんですが字幕・音声共に日本語ですし、問題なくプレイ出来ました。

電源入れたり準備しない分PCの方が起動も速くてプレイしやすかったです。

PCゲーにはまってしまうかも知れない。

バトルシステムについて

シンボルエンカウントでターン制のコマンドバトル。

状態異常で順番が変わったり、敵の体勢を崩すと追撃出来る戦術リンク機能、CPを全消費してSクラフトというターン関係なく割り込んで発動出来る必殺技などがあり、どのタイミングでどう行動するか考えながら戦えるシステムです。

敵によっては属性・状態異常の有効率などが違うので戦闘一つ一つ楽しめるのが魅力。

特にボス戦は一撃で全滅とかもあるし、撃つ前に予兆とかもないので選択を間違えると即死します。

なのでそういう敵にどう勝つか考えるのが楽しかった。

他のレビュー見ると優しいとかぬるいとか書いてる方もいますが、個人的にはノーマルでも難易度高く感じました。

自由行動日について

メインストーリーやクエストとは別に自由に動ける日常パートみたいな奴です。

他のキャラと一緒に過ごしてキャラとの「絆」がアップ出来ます。

絆が上がると戦術リンクで出来る行動が増え戦闘の幅が広がるというシステム。

好きなキャラとのちょっとしたイベントも見れますし、クエストやメインイベントばかりだと疲れちゃうのでこういう機能もわりと良いなと感じました。

多分一周目じゃ全員とのイベントは見れないのでやり込み要素にもなっていると思います。

ストーリーについて

士官学校に入学した生徒たちの何人かが特科クラスで授業を受ける事になり、授業しながら政治・身分・国・企業などのいざこざに巻き込まれていく?ストーリーです。

閃の軌跡は伏線というかとりあえず匂わせといて後から説明する話がめちゃくちゃ多くてあまり理解出来ませんでした。

  • フィーが猟兵だった事
  • フィーとラウラが何で気まずくなっているのか
  • 旧校舎の謎
  • リィンの胸の傷
  • エマが何者なのか
  • サラとシャロンの関係
  • Cが何でCやってるのか

など。

解決までの道のりが長いと覚えてられないんですよね。

あとⅡプレイする前提で作られてるのでⅠだけじゃそもそも解決しない話もあります。

問題があってその理由や動機が先にわかれば経過を楽しめるんですけど、自分で色々覚えて考えないといけないタイプなので私はちょっと合いませんでした。

嫌いではないですけどね!

逆にいちいち説明はいらん!自分で考察したい!って人は合うと思います。

頭の処理能力問題もあるのでマルチタスク出来る人は楽しめるような気がしました。

ロア・エレボニウスの倒し方

ラスボスじゃないのに終章・旧校舎で出てくるロア・エレボニウスに何回も殺されました。

攻略サイト見ないって決めてたんですけどここだけ見てしまい、しかも見たのに勝てないっていう。

なのでゴリ押しですがEPチャージを大量に用意して常にアダマスシールドで物理防御して勝ちました。

とりあえず4人固まってアダマスシールド発動する奴、回復する奴、攻撃する奴がいれば勝てると思います。

アダマスシールド使う奴には省EPのクォーツ付けておくとEP節約出来ます。

レベル上げとか装備変更とか色々面倒くさいし、ここで詰まってどうしても勝てないって人は常にアダマスシールド戦法試してみて下さい。

まとめ

Falcom作品は初プレイがイース8で閃の軌跡が2作目になります。

イース8はアクションの操作性と移動が大変で途中で投げてしまいましたが、閃の軌跡はコマンドバトルだしダンジョンも簡単なものが多いのでダレる事なくプレイ出来ました。

多分スキップ機能あったのも大きいです。

自分のペースで進められないとイライラしちゃうのでスキップ機能なかったらダレてたかも知れません。

2日に買って10日にクリアしたので約8日、総プレイ時間50時間でした。

1日6時間計算になるけどそんなやったかな・・・。

寄り道せずメインストーリーだけ集中して進めましたが、それでもボリュームは十分にあるし、サブクエや周回要素もあるのでもっと楽しみたいって人は自由に遊ぶ事も出来ます。

雰囲気は全然違うけどペルソナとかゼノシリーズ(サーガまで)とかそこらへん好きな人はわりと合うかも知れません。

セールじゃなくてもsteamなら4000円くらいで買えるので興味持った方は是非プレイしてみて下さい。

・Steam版

Steam:The Legend of Heroes: Trails of Cold Steel

・Amazon

コメント

タイトルとURLをコピーしました