【楽天】マーケットスピードⅡはセコムあんしんログインが便利!

売買はHYPER SBI、チャートの確認などはマケスピⅡを使用しています。

マケスピⅡは機能が豊富でチャートも見やすく使いやすいのですが、デフォルトだと自動ログインが出来ない

パスワードを入力するのが非常に不便だったので自動ログイン出来る方法探した所、「セコムあんしんログイン」というのを利用すれば自動ログイン出来るみたいなので実際にやってみました。

初期設定がちょっと面倒くさいですが、一度設定してしまえばパスワード入力ではなくスマホの認証でログイン出来るようになります。

かなり便利なのでご紹介。

セコムあんしんログインとは?

ID/パスワードを使用せず、iPhoneのTouch ID / Face ID、Androidのパターン、PIN、パスワードを使ってログイン出来るサービスです。

通常のログインよりセキュリティが高く、不正ログインなどを防ぐ事が出来ます。

またID/パスワードの入力がいらないので通常のログインより簡単などのメリットあり。

セコムあんしんログイン | 楽天証券
お客様の大切なご資産と情報を守るための「セキュリティ」についての取り組みと、お客様にご注意いただきたいことをご紹介します。

準備・必要なもの

「セコムあんしんログイン」を使用するにはそれぞれスマホの認証が必要になります。

iPhoneは指紋・顔認証、Androidは指紋認証・パターン・PIN・パスワードなどの端末認証など。

設定したらiPhone・AndroidにiSPEEDというアプリをインストールします。

iSPEED - 楽天証券の株アプリ

iSPEED – 楽天証券の株アプリ

Rakuten Securities, Inc.無料posted withアプリーチ

iSPEEDの設定

セコムあんしんログインの設定

まずアプリにログインします。

ログインID・パスワードはマケスピⅡで使ってるものと同じです。

ログイン後、右下にあるメニューからアプリ設定を選択。

セコムあんしんログインの利用を選択出来る項目があるのでそこをタップ。

利用する」を選択し、ダイアログの内容を確認後OK。

ここでiOSのみ顔認証・指紋認証が出来なかった時の為にパスコードを入力します。

アプリ設定に戻り、セコムあんしんログインが「利用する」になっていれば設定完了。

マーケットスピード II とiSPEEDの連携

PCでマケスピⅡにログインします。

画面右上にあるメニューからログイン設定を選択。

セコムあんしんログインの設定画面が開くので、利用設定は「利用する」を選択。

ニックネームは2名以上で同じマケスピⅡを使用する時にのみ使うそうなので、1人で使う場合はそのままでOK。

(4)セコムあんしんログインのご利用方法 複数のアカウントで共有する方法 | マーケットスピード II オンラインヘルプ | 楽天証券のトレーディングツール

最後に「選択したアプリで設定する」をクリック。

そうするとスマホ側にiSPEEDから通知が来ます。

「確認」を押すと「マーケットスピードⅡでセコムあんしんログインを利用しますか?」と聞かれるので「はい」をタップ。

そうするとiPhoneなら指紋・顔認証、Androidはパターン、PIN、パスワードなどの認証が始まります。

無事認証出来ればiSPEEDの設定は完了。

PC側でも設定完了の画面が表示されてればOK。

マケスピⅡにセコムあんしんログインでログインする

設定が終わってマケスピⅡを再起動すると画面が画像のようになります。

ログインを押すとスマホ側にiSPEEDから通知が来て、iSPEEDで認証を行えばPCのマケプレⅡもログイン出来るというものです。

起動時に自動で通知する」にチェックを入れると画像の画面を開くことなく、マケプレⅡを起動した時点でiSPEEDから通知がくるようになります。

手元にスマホを用意してからマケスピⅡを起動するとスムーズにログインが可能。

これでID/パスワードを入力せずマケスピⅡにログインする事が出来ます。

セコムあんしんログインの方が楽だし安全

まずスマホで認証の顔認証や指紋認証が使えるのでセキュリティ面はID/パスワードより安全かと思います。

あと単純にログインがすごい楽。

スマホで認証するだけなのでいちいちパスワード入力しなくて済んだのが本当によかった。

ログインが面倒くさいサイトやアプリって若干萎えますからね!

マケスピⅡもこれなかったら萎えてた可能性大。

最初の設定もマニュアル通り進めれば難しくありません。

一度設定してしまえばログインがすごく簡単になるのでマケスピⅡを使っている方は是非利用してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました